米国クーポンサービス利用者の29%がトライアルユーザ

グルーポンの成功をうけて、日本でもたくさんの類似サービスが乱立しているソーシャルクーポン系に関する調査がアメリカで実施されていました。昨年の11月から12月にかけてのホリデーシーズン中に約10000人の回答を得ています。

調査では、実際にクーポンを購入した人の中で、そのクーポンのブランド(お店)をそれまでに使ったことがある人かどうかをヒアリングしており、29%が初めての利用者という結果が出ていました。12%は、購入前まではブランドのことを知らなかったと回答しており、そのまま「購入」という行動まで導くコンバージョンの強さが分かります。

一方で71%は既存顧客によるクーポン購入であり、顧客維持としての側面もあることをふまえて、クーポンサービスを利用し、評価する必要があると言えます。

詳細データや関連する他の結果は、参照したPDFファイルでご覧いただけます。

DAILY DEAL WEBSITES AND  EMAILS BRING IN NEW AND EXISTING CUSTOMERS FOR RETAILERS (PDF)

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です