日本のスマートフォン所有者(率)は半年で3倍に

GoogleがPDFで公開しているレポートがあり、日本を含む6カ国の比較データが掲載されています。

Our Mobile Planet:Global Smartphone Users [PDF]
http://bit.ly/GN120321r

2011年1月2月期と同年9月10月期の比較データがあり、日本のスマートフォン所有は6%から17%に変化しています。および3倍の伸びです。この勢いで浸透が進むと、2012年には3割まで伸びるかもしれません。こうしたユーザの使用デバイスの変化に、企業のインターネットでの最適な受発信方法も変わっていくことになります。

同じGoogleのブログエントリーによると、モバイル端末でアクセスし、うまく閲覧できないサイトがあった場合

  • 61%は二度とアクセスしなくなる
  • 40%は競合のサイトへ移動する

というデータを紹介し、モバイル端末対応の重要さを伝えています。

GetMo: Helping UK businesses Get Mobile – Google Mobile Ads Blog
http://goo.gl/7OYgJ

スマートフォンの使い方で日本のユーザが他国に比べて突出していたのは自宅での利用でした。自宅にいても持ち歩き、使い続けていることになります。スマートフォンを使ったECサイトでの購入も他国を圧倒し40%に上っています。

これからますます増えていくスマートフォンユーザへの施策は、これからもより重要になっていくと言えます。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です