Online Phone Call Usage in the U.S. アメリカでのネット電話利用

The graph shows the rapid growth of the VoIP (Voice over Internet Protocol: internet phone calls) users between 2007 and 2011. My hypotheses are:

  • The infrastructural environment has been progressed so much for the quality of VoIP.
  • The declining economy has been pushing businesses and consumers to the cheaper calls.
  • Mobile apps has made consumers aware of the convenience of VoIP.
  • Skype did a great job of PR.

Microsoft seems to have made a good move on the right time.

Pew発表の定点調査結果によると、2007年からのVoIP(Voice over Internet Protocol:いわゆるネット電話)の利用増加が著しい。私の仮説は、

  • インフラの発展によってインターネット電話の音質がとても向上した。
  • 経済の悪化によって、ビジネスも個人もより安くかけられる電話を求めた。
  • モバイルアプリによって、消費者がインターネット電話の便利さに気づいた。
  • スカイプが素晴らしい広報活動を展開した。

そういう意味では、マイクロソフトによるスカイプ買収はドンピシャのタイミングだったと言えそうです。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です