Skype gained 20% share of the international phone calls

While the growth of the total international phone calls are slowing down, Skype has gained the big number of minutes for last two years.  As 24% of American adult internet users use, Skype is now an important service for business and consumers. With the integration with OS and third party applications, most of us would be calling over the internet, even via mobile devices.

2010年にスカイプが全ての国際電話の約20%のシェアを取るようになりました。前年2009年のシェア約12%からの大躍進と言えます。この勢いで、あっという間に我々が自然にスカイプを使っている日もすぐにやってくるでしょう。OSや外部アプリケーションとの統合が進み、モバイル機器でも使うようになっているでしょう。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です